寝ている間でもバストアップできる?

寝ている間に出るホルモンがカギ

人間は、寝ている間に様々なホルモンが分泌されています。バストアップに必要なホルモンは、女性ホルモンと成長ホルモンです。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンがあるのですが、寝ている間にこれらのホルモンが分泌されるのです。女性ホルモンには、乳腺を発達させる働きや胸に脂肪をつける役割があります。また、成長ホルモンにも胸を大きくする働きがあるのです。
これらのホルモンは、深い眠りについている間に分泌されます。睡眠は深い眠りと浅い眠りを交互に繰り返しています。睡眠は眠る時間の長さよりも、どれだけ深い眠りに入っているかが大切です。したがって、しっかりと睡眠を取ることができればバストアップも可能になります。

ナイトブラを活用しよう

バストアップをするためには、形を維持することもポイントになります。同じカップ数でも、胸が垂れて形が崩れていると小さく見えてしまいます。それとは反対に、胸が上向きで形が整っていると胸が大きく見えるのです。ブラは、胸の形が崩れないように固定する役割があります。基本的に、寝ている間はブラは外して寝ます。しかし、ブラを外して寝ると胸の肉が散らばってしまうのです。そうならないために、ナイトブラをつける必要があります。普段使っているブラは、締めつけ感が強いものが多いでしょう。それに対してナイトブラは、締めつけ感はさほどありません。締めつけ感はないですが、胸の肉が散らばらないように固定することができるように作られています。したがって、寝ている間は日中に使用しているブラではなく、ナイトブラを使用するようにしましょう。