バストアップに大切なのは睡眠!

寝ている間に胸は大きくなる?!

美肌が睡眠中に作られるのと同じで、バストも寝ている間、最も成長するとされています。なぜなら睡眠中は成長ホルモンが盛んに分泌されるからです。
バストアップを望むのであれば、夜更かしをしたり寝不足が続いたりするのは良くありません。良質の睡眠を7~8時間は取りたいものです。
また寝ている間の女性ホルモンの分泌をよりいっそう活性化させたいのであれば、寝る前に豆乳を飲むのもおすすめです。豆乳には大豆イソフラボンが含まれており、イソフラボンの作用によって女性ホルモンが整います。さらに大豆は良質のたんぱく質が含まれているので、バスト周りの筋肉の発達にも効果があるのです。
豆乳を飲んでリラックスしてぐっすり眠る習慣を付ければ、バストアップも夢じゃないかもしれませんね。

寝方も大切。バストを大きくしたいならあうつ伏せはNG!

睡眠が大切といっても、バストに良くない寝方もあるので気を付けなければなりません。
ついついうつ伏せで寝る癖があるという人は、できるだけ上を向いて寝るように心がけましょう。うつ伏せの姿勢は、どうしてもバストを圧迫してしまい胸が体重で潰されます。そうするとせっかく寝ていても筋肉が成長しにくいですし、バストの形も崩れてしまうのです。
のびのびと仰向けの姿勢で寝ることが、バストアップにつながると言えるでしょう。
また寝ている間、胸が垂れないか気にして下着を付けたまま寝る人もいます。睡眠中に下着を付けるのであれば、ナイトブラを使用するようにしましょう。ワイヤーがきつすぎるものは肩が凝りますし、寝苦しくて睡眠の妨げになることもあります。夜間装着用のナイトブラであれば、着け心地も良くてリラックスして眠れることでしょう。